これで初心者の方もスッキリ!注文住宅についての疑問や不安に答えます!

このサイトは、初めての注文住宅の家づくりで多くの人々が生じやすい疑問や不安について分かりやすく解説しています。
疑問や不安があったまま家づくりを始めると後悔することもあります。
費用が多く掛かるイメージがありますが、最初に考えることは必要な費用の内訳を把握することです。
また、キッチンやバスルームなど水回りを決めるためのポイントなども紹介しています。

これで初心者の方もスッキリ!注文住宅についての疑問や不安に答えます!

マンションやアパートに住んでいた人が注文住宅の家づくりを始めるときには、最初に土地探しから始める必要があります。
いきなり住宅展示場に出向いてハウスメーカーを選ぶケースもあるかと思われますが、土地が決まらないと家の形が決まらないので最初に家を建てる場所を決め、その上でハウスメーカーや工務店などの依頼先を決めることが基本です。
基本をマスターすることで注文住宅に対する満足度も高くなります。

注文住宅で理想の家を建てたい?それならまずは家族で条件整理!

注文住宅で理想の家を建てたいと考えた場合、まずは家族で条件整理から始めるのが適切です。
注文住宅ではなく建売住宅であったとしても一部分は当てはまることですが、新しくマイホームを買うとなった場合、家族それそれがそこに求める要素には様々なものがあるはずです。
もちろん予算にも限りがあり。
限られた予算の中で、家族が考えている要素をどこまで高いレベルで満たすことができるか、一種のパズルのようなものと言えるかもしれません。
予算についてはある程度決まっているかもしれませんが、求める条件とか内容についてはそれこそ千差万別であり、人によって考え方が異なって当然です。
これは一緒に暮らしている家族であっても当てはまることで、自分が当たり前だと思っていても他の人は全く違うことを考えているというのはよくあることでしょう。
このような要素を整理し、絶対に外せないものから妥協可能なものまで優先順位をつけていくようにするのです。

建売住宅とはどう違う?注文住宅の特徴やメリットも理解しておくことが大事!

最近の一戸建ては建売住宅と注文住宅がメジャーとなっています。
建て売り住宅は間取り建具等が既に決定されている状態で販売されている物件です。
一方、注文住宅の特徴は自分で間取りや建具などを決めることができます。
そのため自分が希望する間取りの住宅で暮らすことができる点はメリットであるといえます。
建具やキッチンの仕様、窓の配置など全てが自分で決めることができるため、子どもの人数や将来の人生設計も考えながら住宅を考えていくことが可能です。
しかし希望する間取りが作れるような土地を探すのに時間が必要ですし、希望を聞いてくれる工務店を探す事も自分達で行わなければなりません。
建売住宅よりも注文住宅の方が時間がかかってしまうことの方が多いですので、戸建を購入予定の方は早めに行動されることをお勧めします。
大きな買い物になりますので、注文住宅を検討されている場合はたくさんのショールームを見学したりしながら進めていってもらえると良いと思います。

注文住宅についての情報はどこから集めるべき?

注文住宅を購入する場合は建物の内容によっても違いはありますが、一般的には数千万円程度の費用が発生することが考えられます。
そのため住宅ローンなどを利用して長期的に支払いをしていかなければいけないので、基本的には安心して生活することができる注文住宅を購入しないといけないです。
安心して住むことができる注文住宅を購入したいと考えている場合は、最初の段階で情報収集に力を入れなければいけませんから、どのように情報を集めればいいのか理解しておかないといけません。
基本的にインターネットを利用して情報収集をするのが現在では一般的になっており、どのような建物を購入することができるのかを簡単に把握しておくことが可能です。
建物のグレードや土地の選び方などについても丁寧に紹介されているようなところがありますから、インターネットで情報を集めていけば最終的に各自の理想に合っている注文住宅を購入することができると考えられます。

注文住宅を相談するならどんなサービスを利用したらいい?

注文住宅のサービスを選択する場合には、自分たちが求めている理想をきちんと形として表現できるようなものを選択する必要があります。
そもそも、注文住宅は素材はもちろんですが間取りや外観まで非常に細かな部分まで自分たちで決められる画期的なものです。
当然、こういった注文住宅特有のサービスを利用することができないと相談する意味がありません。
現実的にも、注文住宅には顧客の要求に応えられるようにフルオーダー方式だけではなくセミオーダー方式というものも存在します。
自分たちで1から考えていくことに不安があるケースでは、ある程度のプランを相手方に決めてもらった方が無難です。
その中で、必要な部分だけを注文していくというサービスがありますので非常に効率的です。
求める条件は顧客ごとにそれぞれ異なっていますので、その内容の違いを把握しながらどういったものが最も自分達に適しているのかを考えていくことは非常に重要です。

自由設計こそ注文住宅の強み!でも間取りはどうやって決めればいい?

自由設計を行うことができるのが、公務員の大きなメリットといえますがその反面でどういった間取りで建設を行っていくのかを考えないといけないのが、大きな問題だともいえます。そもそも、自由設計の注文住宅の場合には理想と現実のバランスを考えて快適な生活ができるように工夫をしなくてはいけません、例えば、理想を追い求めすぎて現実感のない間取りになってしまうとその時点で生活感が薄れてしまいます。収納スペースがなくなってしまったり、キッチンやリビングとのバランスが悪くなってしまうと家族の生活空間がおかしくなるのはわかりやすいポイントです。こういったことにならないようにするためには、注文住宅では自分たちの要求だけを伝えるのではなく専門的な観点から理想と現実のバランスが取れているかどうかということを工務店側にも確認しなくてはいけません。自由設計とはいっても、すべての部分で任せる必要はありませんのでこの点はとても大切です。

注文住宅で家事の負担を軽減したい!どんな間取りが理想?

設計の自由度が高い注文住宅ならば、家事の負担が減る間取りを選ぶこともできます。理想の間取りは、パントリーとランドリールームの設置です。パントリーはキッチンのそばにある食料庫です。冷蔵庫に冷やす必要のない食料品や、日頃使わない食器を仕舞っておくことが可能です。これがあることで、キッチンの片付けと掃除が格段に楽になります。食器洗い乾燥機をビルトイン式にしておけば、さらに負担が軽くなります。ランドリールームは洗濯専用の部屋です。多くの家庭では脱衣所に置かれる洗濯機をランドリールームに置き、乾いた洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたりするのをここで行うのです。場合によっては部屋干しもここでするから、洗濯関連のものを一箇所に集められる点が魅力です。脱衣所に洗濯機があると、誰かが入浴している時に洗濯機を使うことができません。アイロンがけをする時に衣類を運ぶことも面倒です。それらの問題を解決してくれる部屋があることで、暮らしが効率的になります。一般的な広さは2畳から4畳ほどで、注文住宅ならば簡単に設計してもらえます。

子ども部屋も注文住宅なら柔軟な設計が可能!どんな点に気を付けるべき?

子ども部屋を作る時に最も考えなくてはならないのは、収納スペースをきちんと確保できているかどうかという点です。生活動線も子供部屋を確保する時にはとても重要なポイントになるのですが、それ以上に空間設計を行うときに間違った間取りにしてしまうことの方が問題であると言えます。もちろん、何人子供がいるのかなとも考えなくてはいけませんが空間のバランスがおかしいと子どもにも悪影響を与えかねません。そもそも、生活をするスペースだけを広く取ってしまうと収納するための空間が薄れてしまいます。注文住宅で最も多い失敗の一つに、こういった収納スペースの確保ができていないということが挙げられるくらいです。注文住宅では、既に出来たものに対してあとから気づいてもなかなかそれを組み入れることが難しくなってしまいます。ですから、子供部屋を考える時であってもまずは収納スペースから考えなくてはいけません。そこから逆算して、どの程度の大きさにできるのかを把握していくことによって理想的な子ども部屋にできます。

パントリー?クローゼット?注文住宅の収納スペースはどうする?

私たちはたくさんの物に囲まれて暮らしています。毎日のように使う物、たまに使う物、出番は少ないけれど大切にしまっておきたい思い出の物などさまざまです。引っ越したばかりの時から生活していく中で物は少しずつ増えていくことが考えられます。家の中に入ってきたら今まで使っていた物を捨てて循環させることができればベストですが、物の取捨選択はなかなか難しいことも。使用する物の量を想定して注文住宅の設計をする際に、パントリーやクローゼットといった収納スペースを設置することで部屋の散らかりをある程度防ぐことが可能です。物の保管場所が用意されていることで使う時まで保管したり管理することができます。それぞれの部屋にあらかじめ収納スペースの確保はもちろん、部屋を広く使いたい場合は、必要に応じて置き家具で対応しても良いでしょう。注文住宅でスッキリした暮らしがしたいのなら、生活動線も考慮してパントリーやクローゼット設置を検討することがポイントです。

せっかく注文住宅にするなら吹き抜けのある家にしたい!メリットやデメリットを教えます!

建売住宅ではなく注文住宅を考えている人もいるかもしれませんし、せっかくの注文住宅なら吹き抜けのある家にしたいと思う人もいたりします。このメリットですが、開放感があることが大きいでしょう。天井が高く、上のフロアまであることで重苦しい感じとは無縁の広々とした空間が得られることになります。家の向きとか窓の設置場所にもよりますが、採光や通風の面でも利便性があります。一方でデメリットですが、確かに空間的には広々としているものの、物理的には無駄と言えるかもしれません。つまり吹き抜けではなく上のフロアにもう一部屋設けるとか、部屋までは無理でも収納スペースにすることができたかもしれないということです。ある程度余裕のある間取りであれば気にならないかもしれませんが、とにかく床面積が欲しいと考えられる場合にはデメリットです。この他冷暖房のききが悪くなるとか、場合によっては耐震性にも影響が生じるケースもあります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅についての疑問

このサイトは、初めての注文住宅の家づくりで多くの人々が生じやすい疑問や不安について分かりやすく解説しています。疑問や不安があったまま家づくりを始めると後悔することもあります。費用が多く掛かるイメージがありますが、最初に考えることは必要な費用の内訳を把握することです。また、キッチンやバスルームなど水回りを決めるためのポイントなども紹介しています。

Search