豆腐や杜仲茶で痩せる?オーリスタット配合薬の力

低カロリー食材として知られる「豆腐」は、ダイエットにピッタリです。
豆腐はカロリーが1丁食べたとしても、約150キロカロリーから200キロカロリー前後しかありません。
満腹感を得られつつ摂取カロリーを抑えられます。
また、豆腐は良質なタンパク質を豊富に含む食材です。
タンパク質は筋肉を作る原材料となりますから、豆腐を食べつつ筋力トレーニングを行う事によって、筋肉量がアップします。
筋肉量が増えると新陳代謝が高まり、脂肪の燃焼効率が良くなる為、太り難い体質になると考えられます。
豆腐でダイエットする場合、1日1食か2食の食事を置き換えるとより有効です。

ダイエット効果があるのは食材だけではありません。
お茶にもダイエットをサポートしてくれる種類があります。
「杜仲茶」もダイエットにおすすめな、お茶の1つです。
杜仲茶は脂肪の吸収を抑える作用があると言われています。
中華料理や肉料理といった脂肪分の多い食事をする際は、杜仲茶を飲む事によって脂質の吸収を抑える効果が期待できます。

脂質の吸収をカットしたいのであれば、医薬品の力を借りるのも手です。
オーリスタット配合薬は海外では、肥満の治療にも用いられている程、ダイエット効果に優れた内服薬として話題となっています。
オーリスタットという主成分の作用によって、リパーゼという酵素の働きを阻害し脂質の吸収をカットするのです。
約30%分の脂質を抑える事ができるので、オーリスタット配合薬を服用すれば、かなりのカロリーダウンとなります。

豆腐はじめとする低カロリー食材は、どうしても味が淡泊です。
ダイエット中だけと脂っこい食事がしたい!という時や、付き合いで外食が多いという場合、オーリスタット配合薬はダイエットをサポートしてくれるでしょう。